ニュース |  ウィキ |  アルバム |  リンク |  JWSについて |  サイトマップ |  検索 |  ログイン
メニュー
JWSウィキ
NPO法人ジュース
旧サイト
13: 2012-09-25 (Tue) 00:07:06 jwsadmin source Cur: 2013-08-01 (Thu) 14:57:49 ayakoala source
Line 1: Line 1:
-JWS 役員紹介(2012 6〜)+JWS 役員紹介(2013 6〜)
 小笠原 悦子, OGASAWARA,Etsuko, Ph.D.(理事長)  小笠原 悦子, OGASAWARA,Etsuko, Ph.D.(理事長)
-オハイオ州立大学にて博士号を取得。スポーツ・マネジメントを専門とする。+オハイオ州立大学にて博士号を取得。スポーツマネジメントを専門とする。
-順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツマネジメント学科教授。+びわこ成蹊スポーツ大学教授を経て、2011年4月より順天堂大学スポーツ健康科学部教授。
-水泳競技、コーチの職務満足、女性スポーツについての論文・著書 多数あり。+2012年度から順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科教授。水泳競技、コーチの職務満足、女性スポーツについての論文・著書 多数あり。
これまで、国内外の数多くの学会や会議で研究論文発表、基調講演あるいはスピーカーを務めた。 これまで、国内外の数多くの学会や会議で研究論文発表、基調講演あるいはスピーカーを務めた。
-オハイオ州立大学博士課程入学以前は、10年間、中 京大学、鹿屋体育大学で水泳コーチとして活躍。+オハイオ州立大学博士課程入学以前は、10年間、中京大学、鹿屋体育大学で水泳コーチとして活躍。
神戸ユニバーシアード大会、ソウル・アジア大会、そしてソウル・オリンピック大会では、シャペロンとしてコーチング スタッフに加わった。 神戸ユニバーシアード大会、ソウル・アジア大会、そしてソウル・オリンピック大会では、シャペロンとしてコーチング スタッフに加わった。
-第1回アジア女性スポーツ会議実行委員長を務めた。+第1回アジア女性スポーツ会議実行委員長を務めた。「2006世界女性スポーツ会議くまもと」開催のため、国際女性スポーツワーキンググルー プ(IWG)の共同議長を務めた。
-「2006世界女性スポーツ会議くまもと」開催のため、国際女性スポーツワーキンググルー プ(IWG)の共同議長を務めた。 +2004年エイボンアワーズ・トゥ・ウーメン功績賞受賞。2012年度NAGWS(アメリカ女性スポーツ連盟)の国際開拓者賞受賞。
- +
-2004年エイボンアワーズ・トゥ・ウーメン功績賞受賞。+
 石田 良恵, ISHIDA,Yoshie, Ph.D.(副理事長)  石田 良恵, ISHIDA,Yoshie, Ph.D.(副理事長)
-国士館大学卒、保健学博士、1981年より東京大学教養学部、福永哲夫教授のもとで身体組成の研究に従事。 +国士館大学卒、保健学博士、女子美術大学名誉教授。
- +
-1989年〜1990年フロリダ大学スポーツ科学研究所客員教授。+
-女子美術大学教授を長年務め、2007年から女子美術大学名誉教授。+1981年より東京大学教養学部、福永哲夫教授のもとで身体組成の研究に従事。
-専門は主に皮下脂肪、減量、加齢の研究。+1989年~1990年フロリダ大学スポーツ科学研究所客員教授。
-主な著書「女性とスポーツ」朝倉書店、「肥満を科学する」及び「女性とスポーツ環境」モダン出版、+専門は主に皮下脂肪、減量、加齢の研究。主な著書『女性とスポーツ』朝倉書店、『肥満を科学する』及び『女性とスポーツ環境』モダン出版、『ダイエット&ボディシェイプ』 枻出版他多数。
-「ダイエット&ボディシェイプ」 枻出版他多数。+定年退職後、日本勤労者山岳連盟の女性委員会との関わりから登山に目覚め、インドヒマラヤ、キリマンジャロ、ブータンの山々などに登る。
-20代後半までスプリンターとして活躍、現在もマスターズ陸上で走る、3女の母。+現在、高齢者の生涯登山を目指した筋トレの必要性から「山筋ゴーゴー体操」を提案、テキストを作成し全国規模で普及活動中。
 +また、マラソンの石田塾もさまざまな分野から40名ほどの登録があり代々木公園を中心に開催中。
 + 
 萩 裕美子, HAGI,Yumiko,Ph.D.(理事)  萩 裕美子, HAGI,Yumiko,Ph.D.(理事)
-東京学芸大学を卒業後、東京YMCA社会体育専門学校で10年間専任講師を務め、 
-その間に女子栄養大学を卒業。その後、鹿屋体育大学専任講師として赴任。+東京学芸大学を卒業後、東京YMCA社会体育専門学校で10年間専任講師を務め、その間に女子栄養大学を卒業。
-助教授、教授を経て、2009年4月から東海大学教授。+その後、鹿屋体育大学専任講師として赴任。健康づくりやウエイトコントロールを運動と栄養の両面から支援する方法を考案実践してきた。
-健康づくりやウエイトコントロールを運動と栄養の両面から支援する方法を考案実践してきた。+鹿屋体育大学体育学部教授及び生涯スポーツ実践センター併任教授を長年勤めた。 
 + 
 +2009年4月から東海大学体育学部スポーツ・レジャーマネジメント学科教授。
女子栄養大学研究生を経て、博士号(保健学)を取得。 女子栄養大学研究生を経て、博士号(保健学)を取得。
-生活習慣病予防のための健康づくりプログラムの評価や、生涯スポーツイベント参加者の +生活習慣病予防のための健康づくりプログラムの評価や、生涯スポーツイベント参加者の運動継続に関する研究を行っている。
- +
-運動継続に関する研究を行っている。 +
- +
-主な著書には「健康スポーツの指導」(建帛社)編著、「ダイエットへの警鐘」(サイエンティスト社)翻訳等がある。 +
- +
-国保ヘルスアップモデル事業評価者。+
-健康かごしま 21推進協議会専門部会委員鹿屋市男女共同参画推進会議委員。+主な著書には『健康スポーツの指導(建帛社)』編著、『ダイエットへの警鐘』(サイエンティスト社)翻訳等。
-鹿児島県を紹介する薩摩大使でもある。+薩摩大使(鹿児島県)ばら大使(鹿屋市)
 間野 義之, MANO,Yoshiyuki(理事)  間野 義之, MANO,Yoshiyuki(理事)
-東京大学大学院修士課程教育学研究科修了後、(株)三菱総合研究所において11年間勤務。+1963年横浜生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、東京大学大学院修士課程教育学研究科修了後、(株)三菱総合研究所において11年間勤務。
-2002年4月より早稲田大学スポーツ科学学術院准教授。2009年より同教授。+2002年4月より早稲田大学に移り、現在はスポーツ科学学術院教授。
-文部科学省や地方自治体のスポーツ分野の調査研究等に従事。+博士(スポーツ科学)。専門はスポーツ政策論。
-現在、総合型地域スポーツクラブの育成手法として、スポーツNPOならびスポーツPFIに着目し、+横浜市教育委員、東京都スポーツ振興審議会委員、文部科学省、日本スポーツ振興センター、日本体育協会などで各種委員を務める。
-具体的・実践的な調査研究を展開。 専門はスポーツ政策論。 +主な著書:『公共スポーツ施設のマネジメント』(単著)、共著『スポーツ・ファシリティマネジメント』(編著)、『スポーツ政策論』(共著)など。
- +
-日本体育協会指導者育成専門委員会委員、Vリーグ機構理事、日本テニス事業協会理事、 +
- +
-JFAスポーツマネジャーカレッジオーガナイザー、JBL新リーグ設立委員会アドバイザーなどを務める。 +
- +
-主な著書: 共著「スポーツの経済学」、共著「スポーツの政治学」など。+
 +一般社団法人日本アスリート会議理事長。
 + 
 小林 美由紀, KOBAYASHI,Miyuki(理事)  小林 美由紀, KOBAYASHI,Miyuki(理事)
-早稲田大学スポーツ科学部非常勤講師サッカー英語を担当。+JWS創設メンバー。日本の女子サッカー界の草分け的存在。
-アジアフットボール連盟マッチコミッショナー関東U-15女子サッカートレセンコーチ。+筑波大学で女子サッカーチームを創設後、英語の勉強の為に渡米。
-Jリーグ外国人審判員通訳アテンド、+アメリカではサッカーは女子のスポーツ。日米の認識のギャップに愕然とし、日本における女子サッカーの普及に目覚める。
-(財)日本サッカー協会・Jリーグ・フットボールカンファレンスジャパン1998事務局兼通訳 、+(財)日本サッカー協会では、フットボールカンファレンスジャパンの事務局兼通訳、日本女子代表チーム総務、女子インストラクターなどを務め、なでしこジャパン人気の足がかりを作る。
-日本女子サッカー代表総務、(財)日本サッカー協会フットボールカンファレンスジャパン事務局兼通訳、+2002年FIFAワールドカップでは、茨城会場で競技アシスタント兼セキュリティ部部長通訳。
-FIFAコンフェデレーションズカップ 競技運営アシスタント、FIFAワールドカップ2002茨城会場+2010年よりアジアサッカー連盟(AFC)マッチコミッショナー。
-競技運営アシスタント兼セキュリティ部長通訳など、サッカーを中心に、これまで数々のスポーツイベント等に関わっている。+2012FIFAU20女子ワールドカップJAPANでのFIFAコーチングワークショップのコーディーネーター。
-2002年にはブリッジを立ち上げ、海外女子サッカーに加えて、女子サッカー選手の留学も手がけている。+アメリカから帰国後の1993年にはじめた海外女子サッカーツアーは、現在も継続。
-主な著書・執筆:「FIFA女子ワールドカップUSA2003」テクニカルレポート2003(日本サッカー協会)+2002年には“ブリッジ”を立ち上げ、女子サッカー選手の奨学金留学も手がけ、これまでに留学した選手は、30名近く。
-「女子サッカーハンドブック」2004(日本サッカー協会)(財)日本サッカー協会サッカー指導教本など。+早稲田大学スポーツ科学部非常勤講師として、サッカー英語を担当。
-コーチングクリニックで、「アスリートとキャリア」連載中。+2005年4月からは、現役スポーツ選手を対象とした人材派遣・紹介会社(株)パソナスポーツメイトを経て、2011年3月よりジェフユナイテッド市原千葉レディースU18コーチ、2013年5月よりレディース部門マネージャー。
-筑波大学女子サッカークラブ監督をはじめ、全国大学女子サッカーフェスティバル、全日本大学女子サッカー連盟、 
- 
-日本サッカー協会女子プロジェクト、ガールズサッカーキャンプin いばらきなど、 
- 
-多くの団体やイベントを立ち上げた。 
- 
-FIFA女子ワールドカップUSA1999運営ボランティア(財)日本サッカー協会女子委員、 
- 
-(財)日本サッカー協会女子インストラクター 
 根本 美代子, NEMOTO,Miyoko(理事)  根本 美代子, NEMOTO,Miyoko(理事)
-日本女子大文学部史学科卒+1966年生まれ。日本女子大文学部史学科卒
-1989年 共同通信入社・運動部+1989年 共同通信入社・運動部
-1990年 大阪支社・運動部、92年 広島支局、94年 本社・運動部、2004年 メディア局編集部。+1990年 大阪支社・運動部、92年 広島支局、94年 本社・運動部、2004年 メディア局編集部。 
 +  
 +主な取材実績:アトランタオリンピック、広島アジア大会
-主な取材実績:+プロ野球:近鉄、広島、大リーグ
-アトランタオリンピック、+サッカー:広島、2002年ワールドカップ
-広島アジア大会+ゴルフ :マスターズ ナビスコ選手権
-プロ野球:近鉄、広島、+テニス :ウィンブルドン選手権
-大リーグ サッカー:広島、2002年ワールドカップ ゴルフ :マスターズ +そのほか:フィギュアスケート、スピードスケート、卓球などの世界選手権や国際大会、国体、インターハイなど国内の主要大会
- +
-ナビスコ選手権 テニス :ウィンブルドン選手権。 +
- +
-そのほか:フィギュアスケート、スピードスケート、卓球などの世界選手権や国際大会 +
- +
-国体、インターハイなど国内の主要大会+
 池畑 亜由美, IKEHATA,Ayumi(理事)  池畑 亜由美, IKEHATA,Ayumi(理事)
-福岡県出身。順天堂大学スポーツ健康科学部卒、同大学院で健康教育学を専攻し修士取得。+1974年生まれ。福岡県出身。
-現在、順天堂大学・早稲田大学・明治大学他で非常勤講師を務める。+順天堂大学スポーツ健康科学部卒、同大学院(健康科学領域)修了(スポーツ健康科学修士)。
-小学1年から水泳を始め、大学卒業まで競泳競技に携わる。+大学院修了後は、順天堂大学・早稲田大学・明治大学・東京家政大学・女子美術大学他で非常勤講師として、水泳・健康科学・レクリエーション・野外活動実習などを担当した。
-大学院進学後は教員を目指すものの、野外教育・野外活動に出会い、その道に没頭。+現在は順天堂大学において女性アスリートの戦略的強化支援・育成に向けた調査研究に取り組む。
-現在、大学では水泳・一般体育のほか、レクリエーション・野外活動実習なども担当する。+大学院時代には健康教育を学びながらそのフィールドを野外に求め、多くの野外教育の現場で活動し、奄美大島での無人島キャンプやJリーグのジュニアチームを対象としたキャンプ等のディレクターも務めた。
-アウトリガーカヌーで、茅ヶ崎⇔伊豆大島往復クロッシング(約60km・世界初)や+現在も子どもたちに海の楽しさを伝えたいと「海人きっず」を主宰している。
-U.S Outrigger Championshipsに挑戦し横断成功。+夢は「笑涯スポーツの普及」。
-夢は「スポーツを通して笑顔が生まれる社会の実現」と海の活動を中心としながら+著書に『知って欲しい女性とスポーツ(共著):サンウェイ出版』、『水扁の野外教育:杏林書院』など。
-「自然の中で人が育つ場」を提供すること。 
-(社)日本キャンプ協会専門委員。+ 山口 理恵子, YAMAGUTI,Reiko,Ph.D.(理事) 
 +1999年筑波大学大学院修士課程(スポーツ心理学専攻)修了後、1年間渡米し、「女性学」と出会う。
 +帰国後、城西国際大学大学院博士後期課程で比較ジェンダー論を専攻、近代スポーツにおける性の政治学について研究、2007年学位取得(博士号:比較文化)。
- 山口 理恵子, YAMAGUTI,Reiko,Ph.D.(理事) +共愛学園前橋国際大学、埼玉大学、群馬県立女子大非常勤講師および行政のセミナー講師を経て、2008年4月より城西大学経営学部助教に就任。
-1999年筑波大学大学院修士課程(スポーツ心理学専攻)終了後、1年間渡米し、「女性学」と出会う。+
-帰国後、城西国際大学大学院博士後期課程で比較ジェンダー論を専攻、+女性学・ジェンダー論、スポーツ文化論に関する講義、ゼミを担当。
-近代スポーツにおける性の政治学について研究、2007年学位取得(比較文化)。+2012年4月よりカリフォルニア州立大学リバーサイド校にてVisiting Scholar。
-共愛学園前橋国際大学、埼玉大学、群馬県立女子非常勤講師および行政のセミナー講師を経て、+2004年より埼玉、東京の自治体で女性のための相談員をつとめ、2006年から2010年まで毎夏、スポーツ界の暴力やセクシュアル・ハラスメント被害者のホットラインを開設。
-2008年4月より城西大学経営学部助教に就任。+NPO法人フェミニストカウンセリング東京理事。
-女性学・ジェンダー論、スポーツ文化論に関する講義、ゼミを担当。 +2009年から2011年まで日本体育協会・JOC創立100周年記念事業ワーキンググループメンバー。
- +
-2004年より埼玉、東京の自治体せ女性相談員を務め、+
-2006年より毎夏、スポーツ界の暴力やセクシュアル・ハラスメント被害者のホットラインを開設。+2010年から2011年まで沼田市第2次男女共同参画計画策定アドバイザー。
-NPO法人フェミニストカウンセリング東京理事。著書に「女性アスリート・コーチングブック(共著):大修館書店」など。+2011年から2012年まで順天堂大学マルチサポート事業女性アスリートの戦略的サポート事業の「女性リーダーシップ開発プロジェクト」プロジェクトリーダー。
 +著書に『女性アスリート・コーチングブック(共著):大修館書店』『知って欲しい女性とスポーツ(共著):サンウェイ出版』、訳書『カナダ発 女性女性コーチの戦略と解決策(翻訳&監訳):順天堂大学マルチサポート事業委託事業』など。
 内田 満 UCHIDA, Mitsuru(理事)  内田 満 UCHIDA, Mitsuru(理事)
-1970年長崎県生まれ。鹿屋体育大学体育学部を卒業(体力科学講座、水泳部所属)後、企業外労働衛生機関に勤務。+1970年長崎県生まれ。 
 + 
 +鹿屋体育大学体育学部を卒業(体力科学講座、水泳部所属)後、企業外労働衛生機関に勤務。
ヘルスケアトレーナー・健康運動指導士として、主に働く人の健康づくり事業に従事。 ヘルスケアトレーナー・健康運動指導士として、主に働く人の健康づくり事業に従事。
Line 181: Line 158:
2000年に退職し、同年NPO法人スポーツウエイヴを設立(現在、理事長)。 2000年に退職し、同年NPO法人スポーツウエイヴを設立(現在、理事長)。
-トレーナー活動とともに、各スポーツ関連事業やNPO事業に従事。+現在トレーナー活動とともに、(財)日本体育協会指導者育成専門委員会マネジメント資格部会員、福岡県体育協会総合型地域スポーツクラブアドバイザー、北九州市スポーツ推進審議会副会長、北九州市立大学非常勤講師、北九州NPO研究交流会運営委員、北九州市市民活動サポートセンターNPO専門相談員、福岡県水泳連盟評議委員、北九州市水泳協会理事、NPO法人GGP理事、NPO法人スポーツニュースター理事などに従事。
-2004年より(財)福岡県体育協会クラブ育成アドバイザー。+  
 + 松岡 宏高, MATSUOKA,Hirotaka, Ph.D. (監事)
-その他、北九州NPO研究交流会運営委員、北九州市市民活動サポートセンターNPO専門相談員、 +1993年京都教育大学卒業、1995年大阪体育大学大学院修了。
- +
-福岡県水泳連盟評議員、北九州市立大学非常勤講師、北九州市指定管理者制度推進会議評価部会員、 +
- +
-北九州市スポーツ振興審議会副会長、(財)日本体育協会指導者育成専門委員会マネジメント資格部会員、 +
- +
-NPO法人GGP(地球市民企画ジェンダーワークショップ研究会)理事、などを歴任する。 +
- +
- 吉澤 恒夫, YOSHIZAWA, Tsuneo(理事) +
-1956年7月生まれ。 +
- +
-ポイント・ロマ大学(サンディエゴ校)卒、コンピュータサイエンスで修士号取得。 +
- +
-中学、高校(早稲田実業)、大学(アメリカ)で野球部員として活躍。 +
- +
-卒業後、株式会社ミズノ(東京本社)に入社、15年間海外販売促進部にて海外選手・ +
- +
-国際イベントの契約/マーケティングを担当、オリンピックマーケティングを手がける。 +
- +
-その後、株式会社ナイキジャパンにてスポーツマーケティングディレクターとして国内の選手・ +
- +
-プロスポーツチームの契約/マーケティングを担当、新たな分野での契約をしかけ、 +
- +
-日本プロ野球至上初のユニフォーム契約を手がけた。 +
- +
-2005年10月にナイキジャパンを退社、2006年ワイズマーケティング&コンサルティング(YsMC)を設立した。 +
- +
-2010年1月からキャロウェイゴルフ株式会社ジャパン&アジア スポーツマネーケティング、ディレクターを務める。 +
- +
- 松岡 宏高, MATSUOKA,Hirotaka, Ph.D. (監事) +
-1993年京都教育大学卒業、1995年大阪体育大学大学院修了、+
2001年オハイオ州立大学大学院博士課程修了(Ph.D.:スポーツマネジメント専攻)。 2001年オハイオ州立大学大学院博士課程修了(Ph.D.:スポーツマネジメント専攻)。
- 
-びわこ成蹊スポーツ大学准教授として、スポーツマネジメント、スポーツマーケティングなどを担当。 
2009年より早稲田大学スポーツ科学学術院准教授。 2009年より早稲田大学スポーツ科学学術院准教授。
-主な著書に「スポーツマーケティング(共著):大修館書店」、+専門はスポーツマネジメント、スポーツマーケティング。
-「図解スポーツマネジメント(共著):大修館書店」、「スポーツ産業論入門(共著):杏林書院」など。+日本スポーツマネジメント学会運営委員、アジアスポーツマネジメント学会理事などを務める。
 +主な著書に『スポーツマーケティング(共著):大修館書店』、『図解スポーツマネジメント(共著):大修館書店』、『スポーツ産業論入門(共著):杏林書院』など。
 佐藤 馨, SATO,Kei(監事)  佐藤 馨, SATO,Kei(監事)
-中京大学体育学研究科博士課程修了。+中京大学大学院体育学研究科博士課程修了。
-北海道浅井学園大学(現 北翔大学)で3年間勤務後、2003年よりびわこ成蹊スポーツ大学准教授。+北海道浅井学園大学(現 北翔大学)で3年間勤務後、2003年よりびわこ成蹊スポーツ大学に勤務、現在同大学准教授。
-専門はスポーツ社会学、一般女性の中でも既婚者のスポーツ活動を+専門はスポーツ社会学、一般女性の中でも既婚者のスポーツ活動を促進するための研究をジェンダーの視点から行なっている。
-促進するための研究をジェンダーの視点から行っている。+2011年度から順天堂大学マルチサポート事業 女性リーダーシップ開発プロジェクトに参与。
 JWS 顧問・海外アドバイザー紹介  JWS 顧問・海外アドバイザー紹介


Front page   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
検索
JWS PROJECT
Powered by JWS; 2000-2008 JWS Project