ニュース |  ウィキ |  アルバム |  リンク |  JWSについて |  サイトマップ |  検索 |  ログイン
メニュー
JWSウィキ
recent(5)
2013-08-01 2013-07-23 2011-04-23
NPO法人ジュース
旧サイト
5: 2009-05-20 (Wed) 05:43:45 jwsadmin source 6: 2010-05-04 (Tue) 15:34:43 jwsadmin source
Line 1: Line 1:
-JWS 役員紹介(2007.4〜) +JWS 役員紹介(2009 6〜) 
- 小笠原 悦子, OGASAWARA, Etsuko, Ph.D.(理事長)+ 
 + 小笠原 悦子, OGASAWARA,Etsuko, Ph.D.(理事長)
オハイオ州立大学にて博士号を取得。スポーツ・マネジメントを専門とする。 オハイオ州立大学にて博士号を取得。スポーツ・マネジメントを専門とする。
-(株)博報堂事業プロデュースのアドバイザー、東京学芸大学非常勤講師を務めた。 +びわこ成蹊スポーツ大学教授。また鹿屋体育大学客員准教授も務める。
- +
-2007年からびわこ成蹊スポーツ大学准教授。また、2004年からは鹿屋体育大学客員准教授も務めている。+
水泳競技、コーチの職務満足、女性スポーツについての論文・著書 多数あり。 水泳競技、コーチの職務満足、女性スポーツについての論文・著書 多数あり。
Line 13: Line 12:
オハイオ州立大学博士課程入学以前は、10年間、中 京大学、鹿屋体育大学で水泳コーチとして活躍。 オハイオ州立大学博士課程入学以前は、10年間、中 京大学、鹿屋体育大学で水泳コーチとして活躍。
-神戸ユニバーシアード大会、ソウル・アジア大会、そしてソウル・オリンピック大会では、+神戸ユニバーシアード大会、ソウル・アジア大会、そしてソウル・オリンピック大会では、シャペロンとしてコーチング スタッフに加わった。
-シャペロンとしてコーチング スタッフに加わった。 +第1回アジア女性スポーツ会議実行委員長を務めた。
-2001年の第1回アジア女性スポーツ会議実行委員長を経、2007年までアジア女性スポーツワーキンググループ(AWG)議長を務めた。+
-「2006世界女性スポーツ会議くまもと」開催のため、国際女性スポーツワーキンググルー プ(IWG)の共同議長を務め、現在はIWG特別委員。 +「2006世界女性スポーツ会議くまもと」開催のため、国際女性スポーツワーキンググルー プ(IWG)の共同議長を務めた。
- +
-さらに、OCA(アジアオリンピック評議会)及びJOC(日本オリンピック委員会)の女性スポーツ委員会委員も務めた。+
2004年エイボンアワーズ・トゥ・ウーメン功績賞受賞。 2004年エイボンアワーズ・トゥ・ウーメン功績賞受賞。
-2008年から大阪市スポーツ振興審議委員、日本障害者スポーツ協会「女性と障害者スポーツ調査研究委員会委員長」を務める。 + 石田 良恵, ISHIDA,Yoshie, Ph.D.(副理事長) 
- +国士館大学卒、保健学博士、1981年より東京大学教養学部、福永哲夫教授のもとで身体組成の研究に従事。
- +
- +
- +
- 石田 良恵, ISHIDA, Yoshie, Ph.D.(副理事長) +
-国士館大学卒、保健学博士、1981年より東京大学教養学部、福永哲夫教授のもとで身体組成の研究に従事。1989年〜1990年フロリダ大学スポーツ科学研究所客員教授。女子美術大学教授を長年務め、2007年から女子美術大学名誉教授。+
 +1989年〜1990年フロリダ大学スポーツ科学研究所客員教授。
 +女子美術大学教授を長年務め、2007年から女子美術大学名誉教授。
専門は主に皮下脂肪、減量、加齢の研究。 専門は主に皮下脂肪、減量、加齢の研究。
Line 42: Line 35:
20代後半までスプリンターとして活躍、現在もマスターズ陸上で走る、3女の母。 20代後半までスプリンターとして活躍、現在もマスターズ陸上で走る、3女の母。
- + 相馬 洋三, SOMA,Yozo(副理事長)
- 相馬 洋三, SOMA, Yozo(副理事長)+
「JWS」のロゴマークをデザイン。 「JWS」のロゴマークをデザイン。
-多摩美術大学グラフィックデザイン科を卒業後、松坂屋、旭通を経たのち、博報堂で 30年以上 +多摩美術大学グラフィックデザイン科を卒業後、松坂屋、旭通を経たのち、博報堂で 30年以上広告の制作に関わる。
- +
-広告の制作に関わる。+
プロ野球のプロパティ・ビジネス、Jリーグ マチャンダイジング・ビジネスなどを手がける。 プロ野球のプロパティ・ビジネス、Jリーグ マチャンダイジング・ビジネスなどを手がける。
Line 54: Line 44:
JOCの「がんばれ!ニッポン!」キャンペーンの看板をデザイン。 2001年8月に博報堂退職。 JOCの「がんばれ!ニッポン!」キャンペーンの看板をデザイン。 2001年8月に博報堂退職。
-2003年7月より、厚生労働省「運動所要量・運動指針の策定検討会」委員。+2003年7月より、厚生労働省「運動所要量・運動指針の策定検討会」委員を務めた。 
 + 
 + 吉澤 恒男, YOSHIZAWA,Tsuneo(理事) 
 +1956年7月生まれ。 
 + 
 +ポイント・ロマ大学(サンディエゴ校)卒、コンピュータサイエンスで修士号取得。 
 + 
 +中学、高校(早稲田実業)、大学(アメリカ)で野球部員として活躍。 
 + 
 +卒業後、株式会社ミズノ(東京本社)に入社、15年間海外販売促進部にて海外選手・ 
 + 
 +国際イベントの契約/マーケティングを担当、オリンピックマーケティングを手がける。 
 + 
 +その後、株式会社ナイキジャパンにてスポーツマーケティングディレクターとして国内の選手・ 
 + 
 +プロスポーツチームの契約/マーケティングを担当、新たな分野での契約をしかけ、 
 + 
 +日本プロ野球至上初のユニフォーム契約を手がけた。 
 + 
 +2005年10月にナイキジャパンを退社、2006年ワイズマーケティング&コンサルティング(YsMC)を設立した。
 +2010年1月からキャロウェイゴルフ株式会社ジャパン&アジア スポーツマネーケティング、ディレクターを務める。
- 間野 義之, MANO, Yoshiyuki(理事)+ 間野 義之, MANO,Yoshiyuki(理事)
東京大学大学院修士課程教育学研究科修了後、(株)三菱総合研究所において11年間勤務。 東京大学大学院修士課程教育学研究科修了後、(株)三菱総合研究所において11年間勤務。
Line 74: Line 84:
主な著書: 共著「スポーツの経済学」、共著「スポーツの政治学」など。 主な著書: 共著「スポーツの経済学」、共著「スポーツの政治学」など。
 + 小林 美由紀, KOBAYASHI,Miyuki(理事)
 +早稲田大学スポーツ科学部非常勤講師サッカー英語を担当。
- 小林 美由紀, KOBAYASHI, Miyuki(理事) +アジアフットボール連盟マッチコミッショナー関東U-15女子サッカートレセンコーチ。
-早稲田大学スポーツ科学部非常勤講師、関東U-15女子サッカートレセンコーチ。+
Jリーグ外国人審判員通訳アテンド、 Jリーグ外国人審判員通訳アテンド、
Line 86: Line 97:
FIFAコンフェデレーションズカップ 競技運営アシスタント、FIFAワールドカップ2002茨城会場 FIFAコンフェデレーションズカップ 競技運営アシスタント、FIFAワールドカップ2002茨城会場
-競技運営アシスタント兼セキュリティ部長通訳など、サッカーを中心に、これまで数々のスポーツイベント等に +競技運営アシスタント兼セキュリティ部長通訳など、サッカーを中心に、これまで数々のスポーツイベント等に関わっている。
- +
-関わっている。+
2002年にはブリッジを立ち上げ、海外女子サッカーに加えて、女子サッカー選手の留学も手がけている。 2002年にはブリッジを立ち上げ、海外女子サッカーに加えて、女子サッカー選手の留学も手がけている。
Line 98: Line 107:
コーチングクリニックで、「アスリートとキャリア」連載中。 コーチングクリニックで、「アスリートとキャリア」連載中。
-筑波大学女子サッカークラブをはじめ、全国大学女子サッカーフェスティバル、全日本大学女子サッカー連盟、+筑波大学女子サッカークラブ監督をはじめ、全国大学女子サッカーフェスティバル、全日本大学女子サッカー連盟、
日本サッカー協会女子プロジェクト、ガールズサッカーキャンプin いばらきなど、 日本サッカー協会女子プロジェクト、ガールズサッカーキャンプin いばらきなど、
Line 108: Line 117:
(財)日本サッカー協会女子インストラクター (財)日本サッカー協会女子インストラクター
-早稲田大学では、サッカー英語を担当。 + 根本 美代子, NEMOTO,Miyoko(理事)
- +
-2005年4月からは、現役スポーツ選手を対象とした人材派遣・紹介会社(株)パソナスポーツメイトで、 +
- +
-キャリアカウンセラーとして、多くの選手の仕事や進路の相談にあたった。 +
- +
- +
- 吉澤 恒男, YOSHIZAWA Tsuneo (理事) +
-1956年7月生まれ。現在、ワイズマーケティング&コンサルティング(YsMC) 代表取締役。 +
- +
-ポイント・ロマ大学(サンディエゴ校)卒、コンピュータサイエンスで修士号取得。 +
- +
-中学、高校(早稲田実業)、大学(アメリカ)で野球部員として活躍。 +
- +
-卒業後、株式会社ミズノ(東京本社)に入社、15年間海外販売促進部にて海外選手・ +
- +
-国際イベントの契約/マーケティングを担当、オリンピックマーケティングを手がける。 +
- +
-その後、株式会社ナイキジャパンにてスポーツマーケティングディレクターとして国内の選手・ +
- +
-プロスポーツチームの契約/マーケティングを担当、新たな分野での契約をしかけ、 +
- +
-日本プロ野球至上初のユニフォーム契約を手がける。 +
- +
-また女性スポーツの活性化にも積極的にアプローチ、JWS始動時のサポートを手がける。 +
- +
-2005年10月にナイキジャパンを退社、2006年ワイズマーケティング&コンサルティングを設立し +
- +
-スポーツマーケティング分野のコンサルティングや選手マネージメント業務を行っている。 +
- +
- +
- 根本 美代子, NEMOTO Miyoko (理事)+
日本女子大文学部史学科卒 日本女子大文学部史学科卒
Line 162: Line 140:
国体、インターハイなど国内の主要大会 国体、インターハイなど国内の主要大会
- + 池畑 亜由美, IKEHATA,Ayumi(理事)
- 池畑 亜由美, IKEHATA Ayumi (理事)+
福岡県出身。順天堂大学スポーツ健康科学部卒、同大学院で健康教育学を専攻し修士取得。 福岡県出身。順天堂大学スポーツ健康科学部卒、同大学院で健康教育学を専攻し修士取得。
Line 184: Line 161:
(社)日本キャンプ協会専門委員。 (社)日本キャンプ協会専門委員。
 + 本間 浩輔, HONMA,Kosuke(理事)
 +1968年生まれ、東京出身。
 +早稲田大学人間科学部卒業。1992年(株)野村総合研究所入社。
-  萩 裕美子, HAGI, Yumiko,Ph.D.(監事)+2000年同社を退社し、スポーツナビゲーション社(現:ワイズ・スポーツ社)の設立に参加、同社取締役(現任)。 
 + 
 +2007年1月より、ヤフージャパン株式会社、メディア事業部に出向(スポーツユニット、プロジェクトマネージャー)。 
 + 
 +現在はヤフージャパン・メディアビジネス本部1部部長。 
 + 
 +体育学修士(スポーツ方法専攻)、教育学修士(カウンセリング専攻)ともに筑波大学。 
 + 
 +  萩 裕美子, HAGI,Yumiko,Ph.D.(理事)
東京学芸大学を卒業後、東京YMCA社会体育専門学校で10年間専任講師を務め、 東京学芸大学を卒業後、東京YMCA社会体育専門学校で10年間専任講師を務め、
-その間に女子栄養大学を卒業。その後、鹿屋体育大学専任講師として赴任。助教授、教授を経て、2009年4月から東海大学教授。+その間に女子栄養大学を卒業。その後、鹿屋体育大学専任講師として赴任。 
 + 
 +助教授、教授を経て、2009年4月から東海大学教授。
健康づくりやウエイトコントロールを運動と栄養の両面から支援する方法を考案実践してきた。 健康づくりやウエイトコントロールを運動と栄養の両面から支援する方法を考案実践してきた。
Line 201: Line 191:
主な著書には「健康スポーツの指導」(建帛社)編著、「ダイエットへの警鐘」(サイエンティスト社)翻訳等がある。 主な著書には「健康スポーツの指導」(建帛社)編著、「ダイエットへの警鐘」(サイエンティスト社)翻訳等がある。
-国保ヘルスアップモデル事業評価者。+ 山口 理恵子, YAMAGUTI,Reiko,PhD.(理事) 
 +1999年筑波大学大学院修士課程(スポーツ心理学専攻)終了後、1年間渡米し、「女性学」と出会う。 
 + 
 +帰国後、城西国際大学大学院博士後期課程で比較ジェンダー論を専攻、 
 + 
 +近代スポーツにおける性の政治学について研究、2007年学位取得(比較文化)。
-健康かごしま 21推進協議会専門部会委員鹿屋市男女共同参画推進会議委員。鹿児島県を紹介する薩摩大使でもある。+共愛学園前橋国際大学、埼玉大学、群馬県立女子非常勤講師および行政のセミナー講師を経て、
 +2008年4月より城西大学経営学部助教に就任。
 +女性学・ジェンダー論、スポーツ文化論に関する講義、ゼミを担当。
- 松岡 宏高, MATSUOKA, Hirotaka, Ph.D. (監事)+2004年より埼玉、東京の自治体せ女性相談員を務め、 
 + 
 +2006年より毎夏、スポーツ界の暴力やセクシュアル・ハラスメント被害者のホットラインを開設。 
 + 
 +NPO法人フェミニストカウンセリング東京理事。著書に「女性アスリート・コーチングブック(共著):大修館書店」など。 
 + 
 + 松岡 宏高, MATSUOKA,Hirotaka, Ph.D. (監事)
1993年京都教育大学卒業、1995年大阪体育大学大学院修了、 1993年京都教育大学卒業、1995年大阪体育大学大学院修了、
2001年オハイオ州立大学大学院博士課程修了(Ph.D.:スポーツマネジメント専攻)。 2001年オハイオ州立大学大学院博士課程修了(Ph.D.:スポーツマネジメント専攻)。
-びわこ成蹊スポーツ大学准教授として、スポーツマネジメント、スポーツマーケティングなどを担当。2009年より早稲田大学スポーツ科学学術院准教授。+びわこ成蹊スポーツ大学准教授として、スポーツマネジメント、スポーツマーケティングなどを担当。 
 + 
 +2009年より早稲田大学スポーツ科学学術院准教授。
主な著書に「スポーツマーケティング(共著):大修館書店」、 主な著書に「スポーツマーケティング(共著):大修館書店」、
Line 218: Line 223:
「図解スポーツマネジメント(共著):大修館書店」、「スポーツ産業論入門(共著):杏林書院」など。 「図解スポーツマネジメント(共著):大修館書店」、「スポーツ産業論入門(共著):杏林書院」など。
-JWSの設立に立会い、「女性のスポーツ参与システムに関する調査研究(2002)」、+国保ヘルスアップモデル事業評価者。 
 + 
 +健康かごしま 21推進協議会専門部会委員鹿屋市男女共同参画推進会議委員。 
 + 
 +鹿児島県を紹介する薩摩大使でもある。
-「Asian Survey of Women and Sport (2006)」、「2006年世界女性スポーツ会議くまもと」などに+ 佐藤 馨, SATO,Kei(幹事) 
 +中京大学体育学研究科博士課程修了。
-参画してきた。+北海道浅井学園大学(現 北翔大学)で3年間勤務後、2003年よりびわこ成蹊スポーツ大学准教授。
 +専門はスポーツ社会学、一般女性の中でも既婚者のスポーツ活動を
-JWS 顧問・海外アドバイザー紹介 +促進するための研究をジェンダーの視点から行っている。
- 古橋 廣之進(顧問)  日本大学名誉教授+
 + JWS 顧問・海外アドバイザー紹介
 松本 千代栄(顧問) 日本女子体育連盟会長  松本 千代栄(顧問) 日本女子体育連盟会長
Line 237: Line 248:
 今井 通子(顧問)  登山家  今井 通子(顧問)  登山家
- 
- 小野 清子(顧問)  日本オリンピック委員会副会長 
 橋本 聖子(顧問)  参議院議員http://www.seiko-hashimoto.com/html/index2.html  橋本 聖子(顧問)  参議院議員http://www.seiko-hashimoto.com/html/index2.html
Line 244: Line 253:
  スピードスケート、自転車競技において連続7回オリンピック出場   スピードスケート、自転車競技において連続7回オリンピック出場
-  日本オリンピック委員会女性スポーツ委員会委員+  日本オリンピック委員会理事
 荻原 健司(顧問) ノルディック複合の選手として長年に渡り世界のトップアスリートとして活躍。  荻原 健司(顧問) ノルディック複合の選手として長年に渡り世界のトップアスリートとして活躍。
Line 257: Line 266:
- ダナ・ラピアーノ博士 米国女性スポーツ財団理事長+ ダナ・ラピアーノ博士 元米国女性スポーツ財団理事長
 アニタ・ホワイト博士 前スポーツイングランド開発ディレクター/ロフボロー大学客員教授/IWG初代議長  アニタ・ホワイト博士 前スポーツイングランド開発ディレクター/ロフボロー大学客員教授/IWG初代議長
- 
- マーガレット・タルボット博士 ICSSPE(国際スポーツ科学・体育審議会)副会長 
 P.チェラドライ博士 オハイオ州立大学スポーツマネジメント教授  P.チェラドライ博士 オハイオ州立大学スポーツマネジメント教授
Line 267: Line 274:
 ダナ・パストーリ博士 オハイオ州立大学助教授/元アメリカ女子体育連盟会長  ダナ・パストーリ博士 オハイオ州立大学助教授/元アメリカ女子体育連盟会長
- スー・ニール博士 カナディアンヘリテージ・国際スポーツディレクター/2006IWG共同議長 + スー・ニール博士 元カナディアンヘリテージ・国際スポーツディレクター/2006IWG共同議長
- +
- ラスティー・鹿子木 ニューヨーク柔道連盟会長  /米国女性スポーツ財団コーチ委員会委員長+
 カリー・ファスティング博士 ウィメン・スポーツ・インターナショナル会長  カリー・ファスティング博士 ウィメン・スポーツ・インターナショナル会長


Front page   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
検索
JWS PROJECT
Powered by JWS; 2000-2008 JWS Project