ニュース |  ウィキ |  アルバム |  リンク |  JWSについて |  サイトマップ |  検索 |  ログイン
メニュー
JWSウィキ
NPO法人ジュース
旧サイト
2: 2009-04-28 (Tue) 21:34:52 ayakoala source 3: 2009-05-19 (Tue) 20:29:44 jwsadmin source
Line 3: Line 3:
オハイオ州立大学にて博士号を取得。スポーツ・マネジメントを専門とする。 オハイオ州立大学にて博士号を取得。スポーツ・マネジメントを専門とする。
-(株)博報堂事業プロデュースのアドバイザー、東京学芸大学非常勤講師、鹿屋体育大学客員助教授を務めた。+(株)博報堂事業プロデュースのアドバイザー、東京学芸大学非常勤講師を務めた。 
 +2004年からは鹿屋体育大学客員准教授を務めている。
水泳競技、コーチの職務満足、女性スポーツについての論文・著書 多数あり。 水泳競技、コーチの職務満足、女性スポーツについての論文・著書 多数あり。
Line 14: Line 15:
シャペロンとしてコーチング スタッフに加わった。 シャペロンとしてコーチング スタッフに加わった。
-第1回アジア女性スポーツ会議実行委員長を務め、現在は、アジア女性スポーツワーキンググループ(AWG)議長。+2001年の第1回アジア女性スポーツ会議実行委員長を経、2007年までアジア女性スポーツワーキンググループ(AWG)議長を務めた。
-「2006世界女性スポーツ会議くまもと」開催のため、国際女性スポーツワーキンググルー プ(IWG)の共同議長を務めた。+「2006世界女性スポーツ会議くまもと」開催のため、国際女性スポーツワーキンググルー プ(IWG)の共同議長を務め、現在はIWG特別委員。
-さらに、OCA(アジアオリンピック評議会)及びJOC(日本オリンピック委員会)の女性スポーツ委員会委員も務める。+さらに、OCA(アジアオリンピック評議会)及びJOC(日本オリンピック委員会)の女性スポーツ委員会委員も務めた。 
 + 
 +現在は、2008年から大阪市スポーツ振興審議委員、日本障害者スポーツ協会「女性と障害者スポーツ調査研究委員会委員長」を務める。
2004年エイボンアワーズ・トゥ・ウーメン功績賞受賞。 2004年エイボンアワーズ・トゥ・ウーメン功績賞受賞。
Line 185: Line 188:
東京学芸大学を卒業後、東京YMCA社会体育専門学校で10年間専任講師を務め、 東京学芸大学を卒業後、東京YMCA社会体育専門学校で10年間専任講師を務め、
-その間に女子栄養大学を卒業。その後、鹿屋体育大学専任講師として赴任。+その間に女子栄養大学を卒業。その後、鹿屋体育大学専任講師として赴任。助教授、教授を経て、2009年4月から東海大学教授。
健康づくりやウエイトコントロールを運動と栄養の両面から支援する方法を考案実践してきた。 健康づくりやウエイトコントロールを運動と栄養の両面から支援する方法を考案実践してきた。
Line 208: Line 211:
2001年オハイオ州立大学大学院博士課程修了(Ph.D.:スポーツマネジメント専攻)。 2001年オハイオ州立大学大学院博士課程修了(Ph.D.:スポーツマネジメント専攻)。
-現在、びわこ成蹊スポーツ大学准教授、スポーツマネジメント、スポーツマーケティングなどを担当。+びわこ成蹊スポーツ大学准教授、スポーツマネジメント、スポーツマーケティングなどを担当。2009年4月から早稲田大学准教授。
主な著書に「スポーツマーケティング(共著):大修館書店」、 主な著書に「スポーツマーケティング(共著):大修館書店」、


Front page   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
検索
JWS PROJECT
Powered by JWS; 2000-2008 JWS Project