ニュース |  ウィキ |  アルバム |  リンク |  JWSについて |  サイトマップ |  検索 |  ログイン
メニュー
JWSウィキ
NPO法人ジュース
旧サイト
9: 2011-04-12 (Tue) 10:55:20 jwsadmin source 10: 2012-07-06 (Fri) 17:22:44 ayakoala source
Line 1: Line 1:
-JWS 役員紹介(2009 6〜)+JWS 役員紹介(2012 6〜)
 小笠原 悦子, OGASAWARA,Etsuko, Ph.D.(理事長)  小笠原 悦子, OGASAWARA,Etsuko, Ph.D.(理事長)
Line 35: Line 35:
20代後半までスプリンターとして活躍、現在もマスターズ陸上で走る、3女の母。 20代後半までスプリンターとして活躍、現在もマスターズ陸上で走る、3女の母。
- 相馬 洋三, SOMA,Yozo(副理事長) 
-「JWS」のロゴマークをデザイン。 
- 
-多摩美術大学グラフィックデザイン科を卒業後、松坂屋、旭通を経たのち、博報堂で 30年以上広告の制作に関わる。 
- 
-プロ野球のプロパティ・ビジネス、Jリーグ マチャンダイジング・ビジネスなどを手がける。 
- 
-JOCの「がんばれ!ニッポン!」キャンペーンの看板をデザイン。 2001年8月に博報堂退職。 
- 
-2003年7月より、厚生労働省「運動所要量・運動指針の策定検討会」委員を務めた。 
 吉澤 恒男, YOSHIZAWA,Tsuneo(理事)  吉澤 恒男, YOSHIZAWA,Tsuneo(理事)
Line 161: Line 151:
(社)日本キャンプ協会専門委員。 (社)日本キャンプ協会専門委員。
- 本間 浩輔, HONMA,Kosuke(理事) 
-1968年生まれ、東京出身。 
-早稲田大学人間科学部卒業。1992年(株)野村総合研究所入社。 
- 
-2000年同社を退社し、スポーツナビゲーション社(現:ワイズ・スポーツ社)の設立に参加、同社取締役(現任)。 
- 
-2007年1月より、ヤフージャパン株式会社、メディア事業部に出向(スポーツユニット、プロジェクトマネージャー)。 
- 
-現在はヤフージャパン・メディアビジネス本部1部部長。 
- 
-体育学修士(スポーツ方法専攻)、教育学修士(カウンセリング専攻)ともに筑波大学。 
  萩 裕美子, HAGI,Yumiko,Ph.D.(理事)   萩 裕美子, HAGI,Yumiko,Ph.D.(理事)
Line 215: Line 194:
NPO法人フェミニストカウンセリング東京理事。著書に「女性アスリート・コーチングブック(共著):大修館書店」など。 NPO法人フェミニストカウンセリング東京理事。著書に「女性アスリート・コーチングブック(共著):大修館書店」など。
 +
 +
 + 内田 満 UCHIDA, Mitsuru(理事)
 +1970年長崎県生まれ。鹿屋体育大学体育学部を卒業(体力科学講座、水泳部所属)後、企業外労働衛生機関に勤務。
 +
 +ヘルスケアトレーナー・健康運動指導士として、主に働く人の健康づくり事業に従事。
 +
 +2000年に退職し、同年NPO法人スポーツウエイヴを設立(現在、理事長)。
 +
 +トレーナー活動とともに、各スポーツ関連事業やNPO事業に従事。
 +
 +2004年より(財)福岡県体育協会クラブ育成アドバイザー。
 +
 +その他、北九州NPO研究交流会運営委員、北九州市市民活動サポートセンターNPO専門相談員、
 +
 +福岡県水泳連盟評議員、北九州市立大学非常勤講師、北九州市指定管理者制度推進会議評価部会員、
 +
 +北九州市スポーツ振興審議会副会長、(財)日本体育協会指導者育成専門委員会マネジメント資格部会員、
 +
 +NPO法人GGP(地球市民企画ジェンダーワークショップ研究会)理事、などを歴任する。
 +
 松岡 宏高, MATSUOKA,Hirotaka, Ph.D. (監事)  松岡 宏高, MATSUOKA,Hirotaka, Ph.D. (監事)
Line 231: Line 231:
- 佐藤 馨, SATO,Kei(幹事)+ 佐藤 馨, SATO,Kei(監事)
中京大学体育学研究科博士課程修了。 中京大学体育学研究科博士課程修了。


Front page   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
検索
JWS PROJECT
Powered by JWS; 2000-2008 JWS Project