ニュース |  ウィキ |  アルバム |  リンク |  JWSについて |  サイトマップ |  検索 |  ログイン
メニュー
JWSウィキ
NPO法人ジュース
カレンダー
<  2020年06月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
旧サイト
投稿者 : ayakoala 投稿日時: 2010-11-29 (2598 ヒット)

第4回 JWSスポーツアカデミー
11月18日(水)19:00~21:00
国立オリンピック記念青少年センター106号室

 今年度のJWS事業である『JWSマラソン石田塾』と『Women's Camp in 新島』とコラボレーションをする形で展開している
『JWSスポーツアカデミー』。

 第4回目は、今回は
「スポーツにおけるメンタルトレーニング:こころの訓練ABC~」がテーマ。
スポーツをするなかで「こころ」がどのように重要となるのか、どのようなトレーニングがあるのかなどお話ししていただきました。


 11月18日(木)に、今年度最後のJWSスポーツアカデミーが開催されました。
去年に引き続き、JWS正会員の河野梨香さんを講師に迎え、
「スポーツとメンタルトレーニング」についてお話しいただきました。

 河野さんはまず、メンタルトレーニングを表現する言葉がいくつも存在することを指摘し、
今回のお話では「心理的スキルトレーニング(Psychological Skills Training: PST)」を総称として用いると説明がありました。
 
 「メンタルトレーニング」と聞くと誰しも、
「最高の競技パフォーマンスを引き出すためのメンタル状況を作り出すトレーニング」という認識を持っているかもしれませんが、
河野さんが強調していたのは、PST(=メンタルトレーニング)とは、テクニカルな方法に加え、
選手のその後の人生にも重要となる、あるいは選手としてだけでなく、人として必要な心理的スキルである、
ということでした。

 つまりPSTとは、「心理的成長」なども含む重層的な概念であり、したがって、PSTを実践する場合は、
シーズン中のみならず、シーズン全般にわたって、系統的に継続することが重要なのです。
また種目適性を十分に考慮した上で、いくつかの技法を組み合わせた「パッケージ」として実践することが、
効果的なプログラムであるということでした。

 メンタルトレーニングは単なる技術、という認識が強い日本のスポーツ状況にあって、
研究の基盤がしっかりとした河野さんのお話は、大変説得力があり、特にスポーツ指導者に多く聞いて欲しい内容でした。
14人の参加者からも、活発な議論や問題提起があり、非常に有意義な1時間半でした。

(報告:JWS理事 山口理恵子)


投稿者 : ayakoala 投稿日時: 2010-08-16 (2193 ヒット)

第2回 JWSスポーツアカデミー
7月14日(水)19:00~21:00
国立オリンピック記念青少年センター 403号室

 今年度のJWS事業である『JWSマラソン石田塾』と『Women's Camp in 新島』とコラボレーションをする形で展開している
『JWSスポーツアカデミー』。

第2回目は、多くのスポーツ選手をサポートする経験を持ち、現役のスポーツ整形医でいらっしゃる油井直子先生に
『女性とスポーツ外傷~けがを予防する~』と題してお話しいただきました。

 主に下半身のスポーツ外傷について、具体的な症例の画像を見ながらお話しいただきました。
先生の気さくな人柄と参加者が作り出すアットホームな雰囲気によって、講義の途中での質問、回答が実現。
参加者が疑問に感じたことに対して、まさに瞬時に回答が得られる、納得できるという、フラストレーションがまったくたまらない大変有意義な講義となりました。

 膝の外傷(靭帯損傷、半月板損傷など)や足首の外傷(アキレス腱断裂など)、オーバートレーニングによる各所の疲労骨折について、
発症しやすい個所、対処法などについても教えていただきました。

 今回、油井先生の講義を受けて、頭に焼きついた「自分が外傷を負ったときに対処したい」内容をまとめると以下のとおりです。

・受傷直後では判断できない症例がたくさんあり、経過を追っていく必要があること。
・怪我の原因について、レントゲン写真を撮っても異常があるように見えないことが多々あり、MRIを撮る重要性を感じたこと。

 かくいう私も、この講義の2週間前に実際に膝を痛めてしまい、上記の対処法を実践するに至ったわけです。
 予防に関しても、スポーツをするとき、日常の生活の中にも生かせる知識がたくさんあり、身となり血となった2時間の講義でした。

(報告 桜間裕子正会員)


投稿者 : ayakoala 投稿日時: 2010-06-17 (2029 ヒット)

6月5日、JWSマラソン石田塾が開催されました。

今回も小林由枝正会員がレポートしてくれました。
読みたい人はこちら!

JWSマラソン石田塾 レポート

次回は臨時練習日 6月19日(土)です。


投稿者 : aymania 投稿日時: 2010-05-20 (1938 ヒット)

2010年 副理事長の石田先生がマラソン石田塾と称して
フルマラソンを目指す人、楽しくランニングしたい人、
走ってみたいけど、走り方がわからない人たちへ向けて、
練習を会を開始しました。

先日、行われた様子をレポートします!


2010年5月15日(土)晴れ

第2回目(私たちは1回目)の石田塾へ参加してきました。

集合場所である織田フィールド(代々木公園内)は意外と本格的なトラックがある場所で、
様々な種目の選手たちでごった返してました。




中には男女ともに更衣室もあり、シャワー室も!
ただ、使用できない日もあるとのことで、その際は外のトイレ・コインロッカーを利用するそうです。

そのため、ささっと着替えられる格好で来るのがオススメということです。

【織田フィールド内・無料更衣室の洗面所・奥にはシャワーも・・・】




マラソン石田塾で集まったメンバーは、女子美卒業生や、記者さん。
そしてJWSからは彩子さんと私(ヨシエ)の2名で、計10名。
今回はトラックを利用している人が多いこともあり、場所を代々木公園内に移して練習をすることに。


まずは軽いストレッチ、準備運動。
それだけでも普段運動してない私としては、汗が出てきます。

そしていよいよ、みんな自分ができるペースでランニング開始。
東京マラソンの経験者~初心者までさまざまな人が集まる中、
上級者グループ、中級者グループ、初心者グループに分かれてトレーニング開始!



それぞれのグループ練習内容は主にこんな感じです↓

・上級者グループ→50分間ランニング
・中級者グループ→40分間ランニング
・初心者グループ→ウォーキング

私が所属する初心者グループは、まずはランニングを行う上での正しい姿勢を石田先生に教えていただきました。

ポイントは主に3つ。

①マラソンでは腕の振り上げも重要なポイント。肘から上に振り上げる。
②背筋は伸ばして、重心は踏み出す足に乗るように前に。
③足の重心はまっすぐ。踵から着いてしっかり踏み出す。

最初は正しい姿勢を確認しながらウォーキング。

誤った姿勢で無理に運動を続けると、かえって怪我の原因になるから
よくないということ、初めて知りました。
自分が走っている姿勢を先生や仲間が見ていてくださり、
悪いところを的確にアドバイスしてくださるので、
どんどん意識が変わり、姿勢も変わっていく!スゴイ!!

その後、ゆっくりでいいから走り続けることを目標に15分ランニング。

それだけで 心拍数120以上!!

運動が慣れていないと心拍数がそれだけ上がるらしいのですが、
これを続けることによって、心臓の機能も上がり、徐々に心拍数も上がらなくなってくるらしいです。
身体が走るための機能を持つようになる・・・!

また、走る身体を作っていくには、毎日少しずつでも運動を継続することがやっぱり大事とのこと。
1人1冊ノートを用意して、毎日何歩を歩いたか(目標は1万歩)、筋トレ、体重、体調など
記録をして、毎月石田先生がチェックしてくださるとのこと・・・。

1ヵ月後、身体が変わっていく・・・それを想像しただけで、わくわくしました♪

さて、練習開始から約1時間・・・。
ランニングから戻ってきたグループみんなも、走っていきいきしていました☆

綺麗な青空!晴れてるけど湿気が少なく、すごしやすい気候のなか、
みんなで一緒に行う運動って楽しい!
そして続ければ理想の身体に・・・(半ば妄想込み)

次回もとても楽しみです(^^)

★次回詳細★
日程:6月5日(土)
時間:11:00~
集合場所 :代々木公園・織田フィールド入り口
※運動を始められる格好で集合

※この日は更衣室が使用できません。
着替えが必要な場合は、近くのトイレで行うことになりますので、
できるだけ簡単に着替えられる格好をオススメします。
荷物は、コインロッカーがありますので、
そちらに置くのがいいかと思います。

皆さんの参加お待ちしてます!

(報告 小林由枝正会員)


投稿者 : aymania 投稿日時: 2010-05-20 (1710 ヒット)

先日、行われた「JWSスポーツアカデミー」の報告です。

第1回 JWSスポーツアカデミー
5月13日(木)19:00~20:30
国立オリンピック記念青少年センター 307号室

今年度の『JWSスポーツアカデミー』は2か月に1度の開催とし、新たな試みとして、今年度のJWS事業である『JWSマラソン石田塾』と『Women's Camp in 新島』とコラボレーションをする形で展開
をしていくことになりました。
これまで、「やっていること」と「考えていること・勉強していること」が切り離されていた状況を踏まえ、より実践的な事業の実現を目指し、事業のコラボレーションを提案させていただくことになりました。

『JWSマラソン石田塾』『Women's Camp in 新島』を始め、スポーツ・野外活動をしているうちに湧いた疑問を『JWSスポーツアカデミー』が解決し、得た知識・勉強したことをスポーツに生かしていただきます。

 今年度、第1回目の『JWSスポーツアカデミー』は、「2010年 走ってみませんか?~自分の体を知り、走れる身体を作るには?~」をテーマに、石田良恵先生(JWS理事/女子美術大学名誉教授)を講師に迎え開催されました。


 体や体力についての基礎知識の講義では、「体力は、生きる(生きのびる)手段」であり、体力がなければ、意欲や気力も沸いてこないといったように、体力と人間の健全な生活・行動は密接な関わりにあるということを学びました。

 その後、様々な動作を実際に試してみたり、普段の生活の中での筋力を保つ・つけることができる運動を教えていただきました。
関節の可動域や自分の体のサイズ(ふくらはぎや大腿の太さ、肩幅など)や運動能力(握力や俊敏性)を計測し、それぞれ、筋力・瞬発力・柔軟性を高めるために適した動作や運動を教えていただきました。関節可動域が狭かったり間違った体の使い方をしてしまうと、運動やちょっとした動作を行なうだけで怪我をしてしまう危険性があるからです。

 また、仕事中や歩行中、電車で立っている時といった日常生活の中でもできる運動を教えていただくことで、講義と“自分にもできること(運動)”が一体となった、より実践的なものとなりました。
働き盛りの参加者は、自分の体の変化に驚愕し、普段の運動不足を反省。体力を保つ(向上させる)ことの重要性を痛感して、明日からの「実践」を心に誓いました。
 そして、とかく女性は脂肪がつくことを気にしがちですが、「脂肪を落とすことよりも、筋肉が落ちないような努力をすべき」という石田先生の言葉をもって締めくくられました。

(報告 桜間裕子正会員)


検索
JWS PROJECT
Powered by JWS; 2000-2008 JWS Project