ニュース |  ウィキ |  アルバム |  リンク |  JWSについて |  サイトマップ |  検索 |  ログイン
メニュー
JWSウィキ
NPO法人ジュース
カレンダー
<  2017年08月  
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
旧サイト
投稿者 : jwsadmin 投稿日時: 2011-03-02 (2605 ヒット)

2011年2月11日に開催致しました「女性スポーツサミット2011」の様子が、国際ラグビーボード(IRB)のWebisteに掲載されました。


http://www.irb.com/newsmedia/womensrugby/newsid=2041689.html#great+potential+womens+rugby+japan


投稿者 : ayakoala 投稿日時: 2011-01-22 (2608 ヒット)

下記のとおり「女性スポーツサミット2011」を開催します。

テーマ:女子マイナースポーツを盛り上げよう!女子ラグビーに焦点をあてて

主  催:NPO法人ジュース(JWS)

開催日時:2011年2月11日(金・祝)13:00-16:00(予定)

開催場所:秩父宮ラグビー場 クラブハウス

参加対象者:スポーツ組織関係者、政府・行政関係者、マスコミ関係者
      スポーツ指導者、スポーツ愛好者など ※参加は男女問わず

定  員:30名 

参加費:JWS会員1,000円 一般2,000円


ゲスト(予定):
 国際ラグビー連盟(IRB) 女子育成部長 Susan Carty氏 
(財)日本ラグビーフットボール協会(JRFU)女子委員長 岸田則子氏 
(財)日本サッカー協会(JFA)  女子委員長 上田栄治氏

内容(予定):
13:00 基調講演 Susan Carty氏
     ラグビーがオリンピック種目になった経緯と、現在の国際ラグビー連盟の女子ラグビーの取組、
     アジアそして日本女子ラグビーへの期待。
13:40 プレゼンテーション
     上田栄治氏 
      現在FIFAランキング5位となった日本女子サッカー。アテネオリンピック出場を果たし活性化するまでの施策とその後の取組み。
      岸田則子氏
      日本女子ラグビーのこれまでの歩み、現状及び課題。IRBの話を元に、日本女子ラグビーのこれからの方向性を考える
 14:20 パネルディスカッション Carty氏、上田氏、岸田氏
 15:45 閉会挨拶
 16:00 終了予定

お申込み:終了しました!
    (参加ご希望の方は明日直接会場へお越しください)

お問い合わせ:NPO法人ジュース event@jws.or.jp

お申込みお待ちしてます!


投稿者 : ayakoala 投稿日時: 2010-11-29 (2209 ヒット)

第4回 JWSスポーツアカデミー
11月18日(水)19:00~21:00
国立オリンピック記念青少年センター106号室

 今年度のJWS事業である『JWSマラソン石田塾』と『Women's Camp in 新島』とコラボレーションをする形で展開している
『JWSスポーツアカデミー』。

 第4回目は、今回は
「スポーツにおけるメンタルトレーニング:こころの訓練ABC~」がテーマ。
スポーツをするなかで「こころ」がどのように重要となるのか、どのようなトレーニングがあるのかなどお話ししていただきました。


 11月18日(木)に、今年度最後のJWSスポーツアカデミーが開催されました。
去年に引き続き、JWS正会員の河野梨香さんを講師に迎え、
「スポーツとメンタルトレーニング」についてお話しいただきました。

 河野さんはまず、メンタルトレーニングを表現する言葉がいくつも存在することを指摘し、
今回のお話では「心理的スキルトレーニング(Psychological Skills Training: PST)」を総称として用いると説明がありました。
 
 「メンタルトレーニング」と聞くと誰しも、
「最高の競技パフォーマンスを引き出すためのメンタル状況を作り出すトレーニング」という認識を持っているかもしれませんが、
河野さんが強調していたのは、PST(=メンタルトレーニング)とは、テクニカルな方法に加え、
選手のその後の人生にも重要となる、あるいは選手としてだけでなく、人として必要な心理的スキルである、
ということでした。

 つまりPSTとは、「心理的成長」なども含む重層的な概念であり、したがって、PSTを実践する場合は、
シーズン中のみならず、シーズン全般にわたって、系統的に継続することが重要なのです。
また種目適性を十分に考慮した上で、いくつかの技法を組み合わせた「パッケージ」として実践することが、
効果的なプログラムであるということでした。

 メンタルトレーニングは単なる技術、という認識が強い日本のスポーツ状況にあって、
研究の基盤がしっかりとした河野さんのお話は、大変説得力があり、特にスポーツ指導者に多く聞いて欲しい内容でした。
14人の参加者からも、活発な議論や問題提起があり、非常に有意義な1時間半でした。

(報告:JWS理事 山口理恵子)


投稿者 : ayakoala 投稿日時: 2010-11-01 (1927 ヒット)

『JWSマラソン石田塾』とコラボレーションし、2カ月に1回開催しているJWS Sport Academyのお知らせです。

今回は
「スポーツにおけるメンタルトレーニング:こころの訓練ABC~」
がテーマ。

スポーツをするなかで「こころ」がどのように重要となるのか、
どのようなトレーニングがあるのかなどお話ししていただきます。


■「スポーツにおけるメンタルトレーニング:こころの訓練ABC~」

講 師:河野梨香氏(JWS正会員、都内諸大学にて健康心理学、スポーツ心理学等の非常勤講師)

日 時:11月18日(木)19:00〜

場 所:国立オリンピック記念青少年総合センター106号室 
(東京都渋谷区代々木神園町3−1)

対 象:JWS会員及び非会員、スポーツに興味のある人 定員20名(定員になり次第締め切ります)

参加費:JWS正会員 1000円 JWS学生会員 500円 非会員・一般1500円

<申込方法>お申し込みはこちらのフォームから!
http://my.formman.com/form/pc/xVMwrjeuuiFcI7M7/

メールはこちら↓
「JWS Sport Academy 係」MAIL: event@jws.or.jp
またはFAXにて↓
FAX: 077-596-8483
※住所・氏名・電話番号(Fax番号)アカデミー開催日を明記の上、お申込下さい。


皆様のお越しをお待ちしております!


投稿者 : jwsadmin 投稿日時: 2010-10-06 (2224 ヒット)

文部科学省では、現在、「女性アスリートの戦略的強化」を含む「スポーツ立国戦略」に関して、政府内での段取りとして、次のような”2つの場”でパブリックコメントを募集しています。

①首相官邸が行う『「元気な日本復活特別枠」要望に関するパブリックコメント~政策コンテスト~ 』
http://seisakucontest.kantei.go.jp/
特に、以下のページに「元気なニッポンスポーツプロジェクト」に関する概略(54億円の要望額)が記載されています。
http://docs.google.com/gview?url=http://seisakucontest.kantei.go.jp/project/pdf/jg1909.pdf&chrome=true&pli=1

②文部科学省が行う『熟議カケアイ』
http://jukugi.mext.go.jp/jukugi?jukugi_id=16

①②ともに、来年度要求事業である「元気な日本スポーツ立国プロジェクト」に対するパブリックコメント、カケアイの枠の中で、スポーツ全般や女性アスリートや女性スポーツなどについて、意見や考えを表明することができるようになっています。

また、①②ともに、来年度予算編成に向けて、たくさんの事業とその内容などについて意見を求めていますが、②は国民の力を借りて事業内容をさらに磨くという点で違いがあります。

いずれにしても、予算確保のためにはどちらとも大切なものであり、是非とも関係者、取り分けたくさんの女性から声が求められます!

日本のスポーツに大変大きなインパクトを与えることになると思います。

なお、①の締め切りは10月19日(火)17:00まで、②は10月22日(金)となっています。

是非とも、パブコメを行いましょう!!


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 14 »
検索
JWS PROJECT
Powered by JWS; 2000-2008 JWS Project