ニュース |  ウィキ |  アルバム |  リンク |  JWSについて |  サイトマップ |  検索 |  ログイン
メニュー
JWSウィキ
NPO法人ジュース
カレンダー
<  2015年10月  >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
旧サイト
報告
報告 : マラソン石田塾の報告
投稿者 : aymania 投稿日時: 2010-05-20 (1961 ヒット)

2010年 副理事長の石田先生がマラソン石田塾と称して
フルマラソンを目指す人、楽しくランニングしたい人、
走ってみたいけど、走り方がわからない人たちへ向けて、
練習を会を開始しました。

先日、行われた様子をレポートします!


2010年5月15日(土)晴れ

第2回目(私たちは1回目)の石田塾へ参加してきました。

集合場所である織田フィールド(代々木公園内)は意外と本格的なトラックがある場所で、
様々な種目の選手たちでごった返してました。




中には男女ともに更衣室もあり、シャワー室も!
ただ、使用できない日もあるとのことで、その際は外のトイレ・コインロッカーを利用するそうです。

そのため、ささっと着替えられる格好で来るのがオススメということです。

【織田フィールド内・無料更衣室の洗面所・奥にはシャワーも・・・】




マラソン石田塾で集まったメンバーは、女子美卒業生や、記者さん。
そしてJWSからは彩子さんと私(ヨシエ)の2名で、計10名。
今回はトラックを利用している人が多いこともあり、場所を代々木公園内に移して練習をすることに。


まずは軽いストレッチ、準備運動。
それだけでも普段運動してない私としては、汗が出てきます。

そしていよいよ、みんな自分ができるペースでランニング開始。
東京マラソンの経験者~初心者までさまざまな人が集まる中、
上級者グループ、中級者グループ、初心者グループに分かれてトレーニング開始!



それぞれのグループ練習内容は主にこんな感じです↓

・上級者グループ→50分間ランニング
・中級者グループ→40分間ランニング
・初心者グループ→ウォーキング

私が所属する初心者グループは、まずはランニングを行う上での正しい姿勢を石田先生に教えていただきました。

ポイントは主に3つ。

①マラソンでは腕の振り上げも重要なポイント。肘から上に振り上げる。
②背筋は伸ばして、重心は踏み出す足に乗るように前に。
③足の重心はまっすぐ。踵から着いてしっかり踏み出す。

最初は正しい姿勢を確認しながらウォーキング。

誤った姿勢で無理に運動を続けると、かえって怪我の原因になるから
よくないということ、初めて知りました。
自分が走っている姿勢を先生や仲間が見ていてくださり、
悪いところを的確にアドバイスしてくださるので、
どんどん意識が変わり、姿勢も変わっていく!スゴイ!!

その後、ゆっくりでいいから走り続けることを目標に15分ランニング。

それだけで 心拍数120以上!!

運動が慣れていないと心拍数がそれだけ上がるらしいのですが、
これを続けることによって、心臓の機能も上がり、徐々に心拍数も上がらなくなってくるらしいです。
身体が走るための機能を持つようになる・・・!

また、走る身体を作っていくには、毎日少しずつでも運動を継続することがやっぱり大事とのこと。
1人1冊ノートを用意して、毎日何歩を歩いたか(目標は1万歩)、筋トレ、体重、体調など
記録をして、毎月石田先生がチェックしてくださるとのこと・・・。

1ヵ月後、身体が変わっていく・・・それを想像しただけで、わくわくしました♪

さて、練習開始から約1時間・・・。
ランニングから戻ってきたグループみんなも、走っていきいきしていました☆

綺麗な青空!晴れてるけど湿気が少なく、すごしやすい気候のなか、
みんなで一緒に行う運動って楽しい!
そして続ければ理想の身体に・・・(半ば妄想込み)

次回もとても楽しみです(^^)

★次回詳細★
日程:6月5日(土)
時間:11:00~
集合場所 :代々木公園・織田フィールド入り口
※運動を始められる格好で集合

※この日は更衣室が使用できません。
着替えが必要な場合は、近くのトイレで行うことになりますので、
できるだけ簡単に着替えられる格好をオススメします。
荷物は、コインロッカーがありますので、
そちらに置くのがいいかと思います。

皆さんの参加お待ちしてます!

(報告 小林由枝正会員)

印刷用ページ 

検索
JWS PROJECT
Powered by JWS; 2000-2008 JWS Project