女性のスポーツ・フィットネス活動促進事業

事業のねらい


 生活習慣病の増加や急激な高齢化社会の到来によって、「健康に生きること」の重要性がより現実味を帯びるようになっている。スポーツをはじめとする日常的な運動習慣は、食習慣や禁煙などとともに生涯にわたる健康と深く関わり、特に女性では骨粗鬆症などの予防に欠かせない要素である。また、スポーツやフィットネス活動がもたらす開放感や達成感、社会的交流などが心の健康に大きな意味を持つことも広く知られている。このことは、スポーツ・フィットネス活動が楽しみや趣味の領域を越えた健康づくりのための必需品となっていることを示している。しかし、生き生きとスポーツやフィットネスを楽しむ女性達の姿がメディアで報じられることとは裏腹に、女性のスポーツ・フィットネス活動への参加率は60%あまりで、男性に比べて10数%も低く、ライフステージによる差や個人差も大きい。また、スポーツへの自信や価値認識の低さ、家族の支援の貧弱さなど、スポーツやフィットネス活動に対する疎外要因も指摘されている。

 本事業では、多様な女性スポーツ・フィットネス活動組織との連携をはかりつつ、女性の活動を阻害する要因を探り、スポーツ・フィットネス活動のための新たな行動計画づくりを目指すものである。

「女性スポーツ白書(仮称)」作成について

女性スポーツに関する情報収集と資料集作成プロジェクト
女性スポーツ発展の経緯、競技スポーツ、生涯スポーツ、ごとに、これまでの研究や活動の成果から広く客観的データを収集し、資料集として出版する。
期間
平成12年6月〜12月
編集会議
3回開催予定(東京)
構成員
白書作成プロジェクトメンバー11名
発行部数
1000部(A4版40ページ)

女性スポーツリーダーに関する調査プロジェクト
全国の各種スポーツ組織や教育機関を対象に、女性の役員、指導者、リーダー養成に関する質問紙調査を実施する。
編集会議 2回開催予定
構成員 調査プロジェクトメンバー3名


フォーラム活動

関東地区で「女性スポーツ フォーラム2000 in Tokyo(仮称)」の開催
内容 キーノートレクチャー(1名)、及び生涯スポーツ指導者を中心としたパネルディスカッション
参加対象者 女性の生涯スポーツリーダーを中心に一般市民
開催時期 12月予定
開催地 東京ウイメンズプラザ(予定)
実行組織 フォーラムプロジェクト(10名)
プロジェクト会議 2回開催予定
案内リーフレット500部、プログラム400部配布予定

関西地区で「女性スポーツ コミュニティーフォーラム2000 in Kyoto(仮称)」
の開催
内容 キーノートレクチャー(1名)、及び地域スポーツリーダーを中心としたパネルディスカッション(4名)
参加対象者 女性の地域スポーツリーダーを中心に一般市民
開催時期 12月予定
開催地 京都女性センターテルサ(予定)
実行組織 フォーラムプロジェクト(10名)
プロジェクト会議 2回開催予定
案内リーフレット500部、プログラム400部配布予定


連携する団体

アクティブ ウイメン プロジェクト トップへ戻る