※2007年12月にサイトをリニューアルしました。最新の情報は 「新サイト」へ。

LIBRARY >どこで学ぶ? >どうやって? >体験談

何を学ぶ?

アスレチック・トレーニング(Athletic Training)

スポーツ医学(Sport Medicine)

バイオメカニクス(Biomechanics)

運動生理学(Exercise Physiology)

スポーツマネジメント(Sport Management/Administration)

スポーツジャーナリズム(Sport Journalism)

保健体育教育(Health & Physical Education)

スポーツ心理学・カウンセリング(Sport Psychology & Counseling)

スポーツ史(Sport History)

アスレチック・トレーニング(Athletic Training)
 アスレチックトレーナーになるために、スポーツ選手の健康管理(けがの予防・治療・リハビリテーション)上、必要な知識・技術を学びます。スポーツ医学とも深い関わりがあります。アメリカでは、公認アスレチックトレーナーになるために必要履修科目などが、NATA(アメリカアスレチックトレーナー協会)により定められています。

スポーツ医学(Sport Medicine)

 スポーツ選手の身体的管理・治療に必要な医学的専門知識を学びます。運動生理学やバイオメカニクスとの関連も非常に深く、これらの基礎学問がベースとなっています。

 一般的にはスポーツによる身体的故障の治療など、整形外科的な医師のイメージで知られています。しかし、スポーツ選手の食事指導(栄養学)、選手が服用する薬の処方箋作成(風邪薬1つでもドーピング問題に発展しかねないため)など、医師としての治療以外の面でスポーツ選手の健康管理には重要な分野です。また、最近ではこの医学的知識をスポーツ選手以外の一般人にも適用し、運動不足解消や仕事からくるストレスの発散方法指導など、健康管理に必要な一般知識の普及にも役立てられています。


バイオメカニクス(Biomechanics)
 人間の身体運動を観察しそこに潜む原理を解明する分野です。スポーツ上達のための足 掛かりとして、技能の「こつ」を物理法則から導き出し、選手・コーチのため の指針を与えることが重要な命題となります。こうした身体運動の原理解明に加え て、昨今ではスポーツ用具の開発などにも研究対象が広がっています。

運動生理学(Exercise Physiology)
 ヒトのからだの仕組みを知るとともに、スポーツ競技力の向上および一般の 人々の健康の維持・増進に対して多大な貢献をしているのが運動生理学です。 一言で言えば、「動くからだのメカニズムを明らかにする」学問であると言え るでしょう。現在では、ヒトのからだをよりミクロに捉える方向に進むと同時 に、それらを総合的に捉えて身体をシステムとして考えるという統合的な方向 にも進んでいます。

スポーツマネジメント(Sport Management or Administration)
 スポーツを1つの産業とみなし、主にビジネス面からの分析・研究を行い、その実践方法を導きます。プロ・アマを問わないスポーツチームの運営、マーケティング、スポーツ施設管理、フィットネスクラブやスポーツジムの運営、イベント運営などに適用されます。

スポーツジャーナリズム(Sport Journalism)

 文字通り、スポーツ新聞・雑誌・TV・ラジオなどの「スポーツライター」としての知識を学びます。最近では、ただのスポーツ記事だけではなく、スポーツが関連する政治・経済・社会などにおける分野で問題を取り上げることも多くなっています。

 学問としては、通常、スポーツジャーナリズムだけが独立したプログラムを持つ学校は非常に少なく、ジャーナリズム、もしくはスポーツマネジメントやその他のスポーツ関連プログラムに授業科目として取り入れられている場合が多いでしょう。


保健体育教育(Health & Physical Education)
 スポーツと教育のかかわりを研究します。学校教育のみならず、スポーツに関連する学習カリキュラムとその指導のあり方を論じます。コーチングなども一般的にはこれに含まれてます

スポーツ心理学・カウンセリング(Sport Psychology & Counseling)
 トレーニング・競技生活において発生するスポーツ選手の心理的な問題を分析・研究することにより、その解決策を講じます。最近では、スポーツ選手のメンタルトレーニングとして、問題解決だけではなく、集中力向上、思考コントロールなどの心理的効果を利用し、さらなる能力向上のためにも利用されています。

スポーツ史(Sport History)
 スポーツとそれに関わる人間について、過去にどのような現象があったのか、あ るいは、どのようなドラマが展開されたのかを明らかにする分野です。解明され た過去から、現在に残された課題を探り出すことが大きな目的といえます。「過 去を知らずして、未来は開けない!」のは、スポーツ界も同じです。古代から現 代までの様々な時代におけるスポーツと人間の関係を探るほか、スポーツをめぐ る言葉の変遷、各種の競技・用具・ルール・服装・施設・組織・制度などの発 展、ある特定の地域におけるスポーツの発達、人物史など、アプローチの仕方は 多様です。