※2007年12月にサイトをリニューアルしました。最新の情報は 「新サイト」へ。
 Library
どうやって?
LIBRARY >何を学ぶ? >どこで学ぶ? >体験談

学生選手として留学
スポーツに関連する専攻で留学(手続きの流れ)

学生選手として留学

高校時代からアメリカで活躍のに国際大会優勝などの好成績を残している選手の場合、大学側から奨学金の提示付でスカウトされることもあります。奨学金が得られない場合は、留学に伴う全費用(授業料、生活費、雑費)は個人負担となり、通常の留学生と同じ扱いとなります。しかし、通常の留学生として、大学公認代表チーム(バーシティ)に入れてもらうのは難しく、入団テストのようなものに合格しなくてはなりません。ある程度の実力がない限り、たとえバーシティに所属しても、競争の激しい大学チームでの活躍の場はないと言えるでしょう。従って、留学の目的は「学業」であることを意識し、どの大学で何を勉強するかを見定め、入団テストに落ちてもよいという覚悟で留学するべきでしょう。バーシティでなくとも、大学にはハイレベル選手のそろった同好会的なクラブもたくさんあるので、スポーツをする場が失われるわけではありません。

また、奨学金取得に関係無く、アメリカの大学ではスポーツだけ一生懸命やる、ということは認められず、文武両道が学生の基本理念として確立されています。そのため、NCAA(アメリカ大学アスレチック協会)の選手として登録・競技会出場するためには、学業でNCAA規定レベル以上の成績を残さなくてはなりません。留年などしたら選手資格を失いかねません!また、成績面だけではなく、NCAAは学生選手登録に必要な様々な条件を規定しているため、それらを事前に大学と連絡をとって、確認しておく必要があるでしょう。ただし、NCAAリーグに加盟している大学で選手として出場を考える場合のみです。

《留学手続き》
・スカウトの場合:大学によってもその方法が異なるため、学校側と密な連絡を取って、その手続き方法を確認してください。
・通常留学の場合:バーシティの入団テストの詳細などは、各大学のアスレチック部に問い合わせてください。基本的な入学の手続きは、次の「スポーツに関連する専攻で留学」を参考にしてください。(専攻はスポーツに関連しないものでもOKです。)

スポーツに関連する専攻で留学(手続きの流れ)
 留学斡旋会社に依頼して、手続きを代行してもらう方法もありますが、ここでは全ての手続きを自分で行うことを想定して記述してあります。アメリカの大学で勉強するなら、この程度の手続きを自分で行えるだけの英語力・処理能力は必要でしょう。
1. 学校・専攻の選択、入学条件(テストのスコア、申請締切日、等)の確認

2. 必要テストの受験(SAT、TOEFL、GRE、など)※この2つの項目の順序は前後することがあります。

学びたい専攻をまず決め、市販和書やアメリカ大学カタログ(できれば実際にアメリカで利用されているものがよいでしょう。日本の大きな書店の洋書コーナーで購入可)などを元に、その専攻を持つ大学を洗い出します。同じ専攻でも大学よって履修する科目、つまり学ぶ内容も異なります。自分の目的に合ったプログラムを有する大学を選択するようにしましょう。

また、大学、(同じ大学でも)学部によって、留学生の入学可能時期や入学条件が異なります。Internetやカタログで入学に必要な具体的な条件を確認します。

※ 通常、大学の「Admission − International Students」のセクションに掲載されています。また、各学部の「Admission」のコーナーもチェックしましょう。

条件とは、一般的に
GPA:高校時代(大学院を受験する場合は学部時代)の成績
TOEFLスコア:米国留学生用英語学力テスト
SAT(学部申請の場合)スコア:共通テスト
GRE(大学院申請の場合)スコア:3教科から成る共通実力テスト
必須履修科目(Prerequisite):大学院の場合
などが挙げられます。

 大学によって要求する試験、スコアが異なるため、自分のレベルに合った学校を選択する必要があります。有名校では、これらの条件がほんの少しでも満たされていないと、確実に不合格となります。「すべり止め」のためにも複数の学校に出願する方が賢明でしょう。

また、入学条件ではありませんが、(公立・私立はもちろんのこと、公立間でも)学校によって授業料も異なります。留学生の場合、その授業料・生活費を滞り無く支払える能力があることを証明した上で、合格が許可されます。経済面も十分考慮した上で学校の選択を検討しましょう。

3. 入学願書の請求・必要書類準備

4. 入学願書および必要書類提出

行きたい大学が決定したら、その学校に連絡を取り、入学申請に必要な書類を請求します。最近では各大学のホームページでこれらの案内、書類が入手でき、中には申請書の提出までもできる学校が増えてきています。上手にインターネットを活用しましょう。

《一般的な申請必要書類の例》
アプリケーションフォーム(入学願書:大学側が発行)
成績証明書(英文):自分の高校、大学に依頼し英文で作成依頼。封印要。
財政証明書(英文):銀行口座の残高証明を銀行に英文で作成依頼。
推薦状:担任教諭、校長先生、英語担当教官、(職歴があれば)上司などに英文で作成依頼。必要件数は大学によって異なりますが、通常、学部では2通、大学院では3通、要求されます。
エッセイ:なぜ自分がその大学を希望し、勉強したいのか、自己アピールも兼ねての作文。テーマが大学側から設定される場合もあります。
健康診断書(英文)
TOEFLスコア
SAT またはGREスコア
申請料(Application Fee):金額は大学によって異なります。郵便局、銀行で額面のマネーオーダー(小切手)を作成してもらいます。(手数料要)

5. 合否通知

6. (合格の場合)I-20の取得

大学側から合否通知が届きます。また、自分の申請状況がどの程度進んでいるか、電話で自動的にチェックできるシステムを持つ大学もあります。学部によってはルーズな対応をする場合もあるので、予定より遅れている場合は、自分から申請学部の担当者に積極的に連絡・確認するようにしましょう。

合格通知とは別に、合格した留学生にはビザ申請に必要な「I-20フォーム」が送付されます。このフォームが無ければ、アメリカで「学生」として生活することは不可能です。これも到着が遅れている場合は、大学側(通常、インターナショナルオフィス:留学生対応部)に連絡を取りましょう。

7. パスポート取得(すでに持っている場合は次のステップへ)

8. 学生ビザの取得

アメリカに入国する際の許可証ですので、これなしでは学生としては入国できません。前述のI-20とその他の必要書類でアメリカ大使館、領事館にビザを申請します。申請場所、申請方法、必要期間、などは居住地によって異なりますので、事前に確認しておきましょう。

9. (必要ならば)集中英語学校へ入校申請

 海外で生活の経験がある、もしくは高レベルな英語力をもつ人には必要ないかもしれません。しかし、大学の授業を意識した英語の訓練(特にライティング)を行うことで、多少の自信にもつながるでしょう。また、ハードな大学生活を始める前に、少しゆとりを持って、土地鑑をつかんだり、友達を作ったりして生活の基盤を確立することも、その後のスムーズな生活のためには大切です。

10. 渡航準備(住居の確保、荷造り、航空券の予約、etc.)

一番重要なのが、住居の確保です。大学寮の案内も届けられるので、現地の生活に慣れるまでは、その中から選ぶのが無難でしょう。寮ではたくさんの友達も作れますし、食事などの心配もいりません。ただ、ルームメイトとのトラブル、周りが騒がしくて勉強できない、などの問題が発生する可能性もあります。自分の性格なども考慮して決断しましょう。

また、留学先に知人がいる場合は、寮や、街の様子を詳しく聞き、予算に合わせた住む場所へのアドバイスをしてもらうのも良いでしょう。

11. 渡米
<奨学金>
上記の手順の例外として、「奨学金の申請・取得」が発生する可能性もあります。アメリカの大学・銀行では留学生に対しての資金援助(Financial Aid)や学生ローンはありません。また留学生に対する奨学金の機会も現地ではほとんどありません。従って、渡米前に、日本人留学生に奨学金を支給してくれる団体・プログラムを調べ、必要ならば申し込みましょう。(例:フルブライト奨学金)