ニュース |  ウィキ |  アルバム |  リンク |  JWSについて |  サイトマップ |  検索 |  ログイン
メニュー
JWSウィキ
NPO法人ジュース
旧サイト
最新ニュース
投稿者 : ayakoala 投稿日時: 2014-07-03 (230 ヒット)

第6回世界女性スポーツ会議は6月12日から3日間、ヘルシンキで開かれ、2020年までに意思決定権があるポジションの40%を女性にするべきだという提言を含む「ブライトン・プラス・ヘルシンキ2104宣言」を採択した。

今回の会議はハロネン前大統領がパトロンを務めるなど、フィンランド政府が全面的にバックアップ。また、国際オリンピック委員会(IOC)のサポートも得て開催され、約100の国と地域から800人以上が参加した。開会式ではIOCのバッハ会長がスピーチし、今後も女性スポーツ会議にIOCが関わっていくことを約束したほか「会議でまとめられた提言を『できるだけ速く』IOCに届けてほしい」と述べて、参加者を勇気づけた。国際パラリンピック委員会(IPC)の会長も今回の会議で初めてスピーチした。

会議のテーマは「Lead the change-Be the Change」で、1994年第1回会議で採択された「ブライトン宣言」によってもたらされた成果を検証。宣言による前向きな変化を歓迎する一方で、スポーツ界にはいまだに障壁が存在し、それが女性のスポーツへの参画における平等を妨げていることも認識した。このような議論を経て、ブライトン宣言を加筆、アップデートした「ブライトン・プラス・ヘルシンキ2104宣言」を採択した。

ブライトン・プラス・ヘルシンキ2104宣言には「リーダーシップとコーチング」「スポーツ界からの恐怖の根絶」といった5つのテーマに沿った27の提言も添えられた。中でも「スポーツ政策」のテーマの下「政府機関は意思決定権のあるポジションにおける女性の比率を2020年までに最低でも40%までに引き上げるべきだ」という提言は会議のハイライトといえる。

「今回の会議はフィンランド政府の尽力により、エネルギーにあふれたものとなりました。ブライトン宣言から20年がたち、現状を踏まえた見直しが行われました。40%という数値目標には私たちの危機感が背景にあります。IOCが2005年までに女性の役員の比率を20%にするように数値目標を掲げていましたが、日本オリンピック委員会(JOC)をはじめ多くのスポーツ団体で達成されておらず、目標自体が放置された形になっているからです。今後、女性のスポーツ参画を進める上で、ブライトン・プラス・ヘルシンキ2104宣言が基礎になっていきます。ブライトン宣言にIOCやJOCが署名したように、新たな宣言にも支持が集まり、さらなる機運が高まることを期待したいと思います」(理事長・小笠原悦子)

世界女性スポーツ会議 スポーツへの女性参加の機運が高まるなか、1994年に第1回がブライトン(英国)で開かれ、スポーツにおけるあらゆる地位、職務、役割への女性参加の拡大を目指す「ブライトン宣言」を打ち出した。これを機に、政府関係者や学者らによる国際女性スポーツワーキンググループ(IWG)が主導し、会議は4年に1度開催され、2006年では熊本で第4回会議が開かれた。次回の第7回会議はボツワナで開催される。


NPO法人ジュース(JWS)


投稿者 : ayakoala 投稿日時: 2014-01-10 (487 ヒット)

順天堂大学スポーツ健康科学部主催、JWS協力で国際シンポジウムが開催されることになりました。
JWS正会員の羽石架苗氏や鯉川なつえ氏、JWS理事の小林美由紀氏が出演、JWS理事長の小笠原悦子氏がコーディネーターを務めます。
お申し込みは不要、どなたでもご参加いただけますのでぜひご参加ください。


第10回順天堂大学スポーツ健康科学部国際シンポジウム
-女性アスリートの競技力向上を目指して-

日時:2014年1月13日(月/祝日) 13:00~16:00
場所:順天堂大学さくらキャンパス 11番教室
参加費:無料

【プログラム】

1.大会長挨拶 13:00~13:10
   野川春夫(順天堂大学スポーツ健康科学部長)

2.基調講演(Skype利用) 13:10~13:40
   羽石架苗(Head Soccer Coach of Mount Holyoke College )

3.シンポジウム 13:45~14:45
  座長:吉村雅文(順天堂大学スポーツ健康科学部)
  ①アメリカ女性アスリートの環境-アメリカバレーボール事情を例に-
   Sonnie Terrell(Head Volleyball Coach at Mount Holyoke)
  ②女性アスリートが輝くコーチングを目指して
   鯉川なつえ(順天堂大学スポーツ健康科学部)

4.パネルディスカッション 15:00~16:00
  女性アスリートの競技力向上を目指して
  <コーディネーター>
   小笠原悦子(順天堂大学スポーツ健康科学部)
  <パネラー>
   鯉川なつえ(順天堂大学スポーツ健康科学部)
   松尾彰文(鹿屋体育大学)
   小林美由紀(ジェフレディース マネージャー兼コーチ)
   萩原美樹子(早稲田大学)
   Sonnie Terrell(Head Volleyball Coach at Mount Holyoke)
   Mandy Dziewulski(MHC Assistant Soccer Coach)
   MHC Player

5.閉会の挨拶 16:00
   佐久間和彦(順天堂大学スポーツ健康科学部)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
懇親会 16:10~17:00・・・啓友会館2F


シンポジウム チラシ



ジュースアルバム1から
Women's Camp (2010-5-19)
Women's Camp
Women's Camp (2010-5-19)
Women's Camp
Snow Camp (2010-5-19)
Snow Camp
RSSリーダー
検索
関連団体

JWS PROJECT
Powered by JWS; 2000-2008 JWS Project